(メモ)

テンパってくると無駄に思考が暴走して、じっくり考えたいけど焦っていて考えられないので、また取り留めのない覚え書きです。

ブログに書いておくと、あとで読み返して続きを考えたり、自分のことをバカバカバーカと思ったりできるので(笑)

いつもどうもすみません。完全放置の方向でよろしくお願いいたします(笑)

・・・・・

最近、布袋さんのブログを読んでいて「(ライブのリハーサルで、古い)スタッフが感慨深く音を見つめています・・・」という様な表現があって、しかもかなり自然体な使い方で、とてもいい表現だなと思ったこと。

小林秀雄の講義の録音をいくつか聴いていて、ユリ・ゲラー(スプーン曲げとかやってたいかがわしいおっさん)について、「こういう念力みたいなものは、あるんですよ、昔から、当たり前に・・・」みたいなことを言っていたこと。

柳田國男 遠野物語の序文、「国内の山村にして遠野よりさらに物深き所には、また無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。」という言葉。

ミシェル・フーコー 「狂気の歴史」(西欧社会が伝統的に抑圧してきた狂気の創造的な力)

モーツァルトを聴いていて、哀しさを明るさで中和するのでなく、(哀しさで)包容すると感じたこと。(あらためてモオツァルトのスタンダールの言葉を思う)

あー、もう、箇条書きになってきた(笑)

↓上記の様な事柄を、「孤高」と「陰影礼賛」と例の「辺縁系」も絡ませつつ、こんな様な意味で括りたい・・・という様なこと

ついでに、

「愚管抄」と「愚菅首相」では、同じ「愚」でもひゃくまん光年くらい意味が違うという様なこと(笑)

どっちでもいいけど。

・・・・・

今日は、なっちゃんの11歳の誕生日です。

久しぶりに太陽が顔を出しています。

ななみちゃんが帰って来ないのが寂しいですが、「ティファニーで朝食を」のホリーの住所が「旅行中」になっているのと似た様なものだということにしておいて、ハチ公の様に毎日ひたすら帰りを待ちたいと思います。

(メモ)」への4件のフィードバック

  1. 朋子スティーナ☆

    高いところになんかいるから、あ!ななみちゃん帰ってきた?と思ったらなっちゃん!?(笑)
    こ、これはすごい、降り過ぎ(汗)
    たいへんですね~(><)

    大雪の中、なっちゃんお誕生日おめでとうございます☆
    旅行中のひとも、お早いお帰りをお待ちしてます☆

    最後のメモで笑いましたけど、
    その愚の人が総理になって何ヶ月かたって、
    うちの愚の人が「すがさん」って言って(笑)
    みんなびっくりして吹いたのを思い出しました(笑)

  2. ジュリア

    お日様でてると、元気になりますね。
    なっちゃんお誕生日おめでとうございます!

  3. BB 投稿作成者

    ♪朋ちゃん
    母屋の屋根の雪が落ちてくるので、自動的に雪山になるんですけど、それにしても降り過ぎです。
    雪山じゃないとこでもかなり積もってて、フェンスと同じくらいの高さになって、そこからけんが脱走するので、フェンスの内側を塹壕の様に掘り返さないといけないし、もう、泣きそうです(笑)

    すがさん(笑)
    たしかに。
    「かん」さんて、あまり聞かない名字ですもんね。
    今調べてみたら、こんな記事がありました。
    どっちでもいいけど(笑)

  4. BB 投稿作成者

    ♪ジュリアさん
    ありがとうございます♪

    本当にお日様のありがたみをしみじみと感じます(笑)
    去年の夏とかはかなりウザがってたので、お日様ごめんなさい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。