モーツァルトのP協24番

magnetさんのブログで知ったのですが、ハイドシェックの新譜が出るそうです。

モーツァルトのピアノ協奏曲24番。

ボクは今までにこの24番について、ハイドシェックの解説(というか雑談的なもの)を2度ほど耳にした記憶があるのですが、その内容がビクターのCDのライナーに書かれているので、3楽章の部分だけ引用させてもらいたいと思います。

第3楽章 アレグレット
 この傑作において、モーツァルトは予言者的になる。フランス革命の3年前に書かれているが、そこには既に硝煙の匂いがする(第3変奏)。それは、拳を振り上げ、『ラ・マルセイエーズ』同様復讐の願望を込めて、声高に歌われる讃歌である。しかしヴェルサイユの人々と同じく、続く変奏は舞踏を続ける・・・・・。しかし実は、革命は進み、すべてを一掃し、世界は渦巻きの中へと引きずり込まれていく・・・・・。

25番の1楽章の中にマルセイエーズに似たフレーズがあって・・・ということはよく知られているみたいですが、この解説の様な24番の解釈は、某藝大指揮科卒の方も初めて聞いた!とか言ってらっしゃったので(笑)、それほどではないみたいですね。

今年になって、Diorのガリアーノが引退させられた茶番劇は、ボクの中ではどうしてもモーツァルトの最晩年に重なるところがあって頭の中で関連させて想像したくなるのですが、その直後に震災があって、それから現在も進行中の政治的な茶番劇を日々目の当たりにしたり、今年はなんだか24番を聴くのにぴったりな気がします。

モーツァルトのP協24番」への5件のフィードバック

  1. chachat

    こんにちは。
    最近ブログチェックを若干…さぼっておりましたら
    Mさんのところと、ここに、ちゃんと宣伝されてました。
    ちと反省。。
    実はこの新譜プログラムノートが
    なんとワタクシの翻訳という豪華版になる予定です(エコノミー版とも言える←ハイそこ突っ込まなーい)
    と、さっきMさんのトコにもコメント残してきました。
    目にする機会があればどうぞよろしく。。。

  2. BB 投稿作成者

    ♪chachatさん
    ご無沙汰してます♪
    そうそう、Mさんのところはちゃんとした宣伝ですけど、こっちは戯言ですので(笑)

    おぉ、それはとっても豪華版ですね〜w
    記念の意味も含めて本日1枚予約してしまいました(笑)

    今日たまたま某イケメンな方からも電話があって、そろそろ具体的にコンサートの日程を検討していたところでした。
    また盛り上げていきましょう♪

  3. chachat

    ご予約ありがとうございます。
    (って誰?)
    こちらもタイミングよく昨日マスタークラスなどがありまして
    打ち上げ(って言うかただのしゃべり会)で日本ツアーの話なども出ていたところです。
    盛り上げて行きましょうねーー。
    とりあえず、師匠様は非常に元気で相変わらずです。

  4. BB 投稿作成者

    ♪chachatさん
    買おうかどうか迷ってたんですけど、いざ注文が済むととても待ち遠しいです(笑)

    ハイドシェックのコンサートは、待ち遠しすぎて麻痺してましたけど、そろそろ頭の中のスイッチが入りました(笑)

    非常にお元気だそうで何よりですw

  5. ピンバック: レア動画?(※開くと動画が勝手に始まるので注意w)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。