なっちゃんのあたらしいおうち

なっちゃんの遺骨を入れる骨壺がいかにも骨壺っぽいものだったので(笑)なおさら気が滅入って仕方なかったんですけど、朋ちゃんがなっちゃん用に作ってくれました♪♪♪

ものすごく感動しているんですけど、なかなか伝えられないので写真で(笑)

というか、喜びも、悲しみも、それが大きければ大きいほどなかなか人には伝わらないものなんですね。

今から骨拾いに行こうと、T先生と工房の玄関を出ようとしていたとき、小春ちゃんがたまたま前を通りかかって、事情を説明すると飼い主のおばあちゃんは一瞬ですべてを察してくれて、声を殺していっしょに泣いてくれました。

どん底にへばりついていた心が一瞬ふっと軽くなった様な気がして、その涙は、そのとき本当に有り難いと思いました。

小春ちゃんのおばあちゃんは、柴田理恵さんのお母さんなんですけど、ボクはテレビをあまり見ないので知らなかったんですけど、柴田理恵さんは撮影のときにゴミ捨て場に捨てられていた3本足の子犬を保護してずっと飼っていらっしゃるそうで、晴太郎くんというそうですが、小春ちゃんももともとは犬好きなご両親へのプレゼントなんだそうで、やっぱり「この親にしてこの子あり」だなぁとか思います。

ちょうどなっちゃんが車とぶつかった日には、晴太郎くんが遊びに来るといっておばあちゃんがその前から楽しみにしていたのを聞いていた以来にお会いしたのがこのときだったんですが、晴太郎君ともこの先いつか会えるご縁があればいいなと思います。

そして何より、そういう意味で、こんな素敵な「なっちゃんの新しいおうち」を作ってくれた朋ちゃん(実際には一度もお会いしたことすらないのに!)には、本当に、感謝してもしきれないくらい感謝しています!

朋ちゃん、ありがとう!!!!!

なっちゃんのあたらしいおうち」への2件のフィードバック

  1. 朋子スティーナ☆

    え~!小春ちゃん、そうなんですか!?
    わたしもあんまりテレビ見ないけど、柴田理恵さんが地元のおもしろい風習とかご実家のはなしとかされてるのを見て「え?!そんな風習あるんだ!ぴやのやさんの方面みたいだからぴやのやさんに聞いたらほんとかどうかわかるかもなぁw」と思ったことがあるのでびっくりしました。
    優しいお母さんに、優しい柴田理恵さん、ですね~。

    なっちゃんのおうち、よろこんでもらえてわたしもうれしいです♪♪
    ほんとはもっとなっちゃん色に焼きあがってほしかったんですけど、力不足でしたw

  2. BB 投稿作成者

    ♪朋ちゃん
    そうそう、ボクもよそ者+社交性ゼロなので最近まで全然知らなかったんですけど(笑)

    夏にけんが病気になって工房の方に連れてきて、少し涼しくなった頃けんが少し良くなってからやっとでこの近所を散歩するようになったんですけど、小春ちゃんがとてもかわいらしくて、この近所にもいい飼い方をしてらっしゃる方がいるなと思ってて、そのうち、家の前や工房の前を通るときに「小春ちゃん!」「なっちゃん!けんちゃん!」と呼び合う様なラブラブな感じになって(笑)
    で、いろいろお話を聞いていたら、柴田さんのお母さんだったんですけど、晴太郎くんのこととかも教えてもらったりして、頭の中でつながりました。

    ちなみにお父さんは偏屈爺ぃなんですけど(笑)、ていうか、そうこうしてるうちに、いつもこの辺をぐるぐる回ってる偏屈そうなクソ爺ぃがお父さんだということが分かったんですけど、それこそ、以前飼ってた犬が死んだ年に自分も倒れてしまって、それ以来リハビリでこの辺りをぐるぐる回ってたということも分かったんですけど(小春ちゃんは、そんなご両親へということもあったみたい・・・以上はおばあちゃん 談)、その偏屈爺ぃが、なっちゃんが死んでからがっくり落ち込んで窓際で黄昏れていたけんのところで、一生懸命身振り手振りで笑いかけて元気づけようとしてくれていた(ボクの姿は見えていなかった様で、この爺さんが笑ったのをこのとき初めて見たんですが)のを見て、涙が出そうでした。

    昨日の夜は無事お引っ越しも済んで、今朝目が覚めて新しいなっちゃんを見て、とっても嬉しかったです。
    久しぶりに、目を覚ますのが楽しみでした(笑)
    今日はたまたま、2回目の月命日なんですが、本当に最高の供養になりました。

    朋ちゃんみたいな人に出会えて本当に良かったです。(会ったこと無いけど・笑)

    本当にどうもありがとうございます!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。