カテゴリー別アーカイブ: 日用品修理

あたらしいおもちゃ

突然ギターが弾きたくなることが3ヶ月に3秒くらいの割合であるんですけど(笑)、連休前くらいにヤフオクをうろうろしてたら、”動作未確認、スイッチグラグラ、ジャンク扱い”のzo-3が出てたので、治らなかったら塗って遊ぼうくらいの勢いで落札してしまったんですけど、連休を挟んで先週ようやく手元に届きました。

ちょっと小さめのサイズでスピーカーが内蔵してある”zo-3″というエレキギターなんですが、若干進化したやつで、マルチエフェクターも内蔵してる”digi-zo”という種類で、これ1本あればどこでも”ギュワワーン”とそれなりに遊べます。

とりあえず箱から取り出して「ビロ〜ん」と鳴らしてみた時点でチューニングがまったくめちゃくちゃだったので、出品者さんはギターをまったく触らない感じの方だったと想像して「これはイケるかも!」という変な希望が出てきて、早速電池を入れてひと通りチェックしてみたんですが、想像通りというか、電源スイッチのナットがひとつなくなっていた以外はボリュームのガリも無くエフェクターも完動でラッキーでしたw

電池が無くなるくらいまでひとしきり遊んで、「あ、そっか、自分はギターのセンス無いんだった」ということを十分思い出し(笑)、このまま売ってもぜんぜん儲かるな・・・と良からぬことが頭をよぎりつつ(笑)、しばらく眺めているとやっぱり病気が再発して↓

何色にしようかな?とか思いながら、いつの間にか手は動き勢いで傷を治してサフまで入れて…(笑)

形やサイズがかわいらしいので、おっさん仕様にするためにはやっぱりシブメ狙いということで、最初、「おじさん+ゾーさん=おじゾーさん」ということで石目の塗装にしようかなとも思ったんですけど、サフの色から想像して今ひとつだったので、畑仕事をしているおばちゃんの服の柄にありそうな…というコンセプトで(知らんけど)、余り物の塗料でラップ塗装もどきをしてみました。

下地にシャンパンゴールドを吹いて

指触乾燥後に上から黒を塗って

サランラップでぐるぐる巻いて

ピロピロっと剥がして・・・乾燥早過ぎてうまく剥がれず(T_T)

まぁ、地味狙いなのでこれでOKということで、さらに地味にする方向で、ブラックのキャンディー(と書くとかっこいいけど、黒の濁り吹きw)+キラキラの「クリスタル・シルバー」というのを地味に3滴ほどたらして入れてます。

作業の合間に余ってたタトゥーシールでテキトーにロゴを作って

上塗りのクリヤーをかけて塗装完了。

というのが一昨日の話で、昨日は乾燥待てずにヘッド試し磨き(笑)

タトゥーシールがテキトー過ぎてかなり残念ですが、「畑仕事をしているおばちゃんの服の柄」というコンセプトはまぁまぁ成功ですかね(笑)

で、いまここなんですけど、

完成してから書けって話ですね(笑)

後編に続く…   かも?

という、まったくの独りよがりなおっさんの展開ですみません(笑)





(追記 5/17)

ということで、作業の続編です(笑)

ヘッドのロゴを見れば見るほど残念な気持ちが強くなるので、とりあえず直しました。

細心の注意を払いながら、タトゥーシールとツライチのところまで削っ・・・たつもりが、やっぱり思いっきりベースカラーも削ってしまい、最初からやり直す元気も無く、やっぱりテキトーの上塗り的な雰囲気満点です。

ラップ塗装と呼ばれるのの中には、上記の様なものに加えて、デコレーションペイントでいうところのスタンピングの様な方法もあるみたいなので、仕上がりの風味は若干違いますがめんどくs簡易的な補修ということで。

サランラップをくしゃくしゃに丸めて

そこに黒をスプレーします。

それを剥げてしまったところにテキトーにスタンピング

やっぱりテキトーなんかい(笑)

あとは前回と同様に、黒の濁りをぼかして塗って、一度中研ぎして平面を作ってタトゥーシールを貼り、上塗りのクリヤーをかけます。

ここでまさかの、ロゴを作り直そうと思ったら前回でタトゥーシールを使い切ってしまっていて、結局前に作ってあったやつをこの前よりも少し小さめに切って貼っただけという微妙なバージョンアップ(笑)

ボディーの方もそこそこ乾燥してきたので磨いてみました。(←やっぱり待てないタイプw)

「畑仕事をしているおばちゃんの服の柄」という狙い的にはまずまず(笑)

(追記 5/19)
流れ的に、一応、作業のその後です。

せっかくなので、ついでに各パーツも磨き直します。

無駄にフレットとかも磨いてみます。

苦手な電気部品のハンダ付けなどを恐る恐るやりながら、各パーツを組みます。

で、完成w

ひさ〜〜しぶりに弦を張るのはちょっと緊張しました。
一応、弦高やオクターブの調整なんかもしてみたりして、作業完了です♪

P1090110

まぁ、パッと見、ふつーの黒なんですけどね(笑)
モデル:かおりせんせい

最後のミッションか?

庭仕事のついでに、以前、あんこちゃんのお墓の周りをバージョンアップしようとモルタルの上に並べたままになっていた砂岩の乱張りの目地を数年ぶりに埋めたりしてGWをまったり過ごしているんですが、

モルタル仕事も一段落して洗って片付けようかというときに、事件は起こったのでした。

胸ポケットに入れていた最近めっぽうお気に入りのデジカメ(スローモーションが撮れるやつ)が、一言の相談も無く、洗いかけのモルタルをこねる舟の中に突然ダイビング。

ポチョンw て、おい。

いそいで拾い上げて、電池やメモリーカード等を抜いて激しくシェイクしました。

一晩乾かして電源を入れてみると、電源は入るのですが写った画像は↓

がびーん。

はやぶさの最後のミッション的なアレですが、今回に限って言えば、ミッション達成!とか言って喜んでる場合じゃないです。

まぁ、違う意味で充分泣ける絵ですけど…(T_T)

ということで、「壊れた」→「とりあえず、開けてみる」といういつもの短絡思考で↓

しかし、開けたところで、残念ながら分かりやすくレンズのところにワカメでも挟まっていたわけでもなく(←ちょっと期待してた)、頑張れ!と念じながらまたそっと元に戻しただけなんですけど(笑)

しかも、組み立て終わってなんか部品が余ってましたが、細かいことはいいんです(笑)

液晶カバーの裏側に埃がわんさか入りましたが、細かいことはいいんです(笑)

試し撮りしてみると、やっぱり白いもやもやと黒っぽいもやもやがありますが、さっきよりはちょっとマシ?

けっこうマシ? だよねー。うん。うん。

・・・。

カメラの自然治癒力に期待したいと思います。

それか、もう一回開けて、もうちょっと頑張れ!と念じようか、思案中。

リスク

今日は朝から工房のコンプレッサーが故障して、お世話になっている塗料屋さんを巻き込みながら、あれやこれやといじっているうちに何となく使える様になって一段落したとこなんですが、決定的な原因はつかめず、次に壊れるまでだましだまし使うことにしました。

工房を始めるときに中古で買った機械なので元々ボロいんですけど、今乗っている車よりは高かった(車が安過ぎるんですがw)ので、またしても心配事の種が増えてしまいました。

心配事といえば、昨年の大震災の10日ほど前にたまたま地震のネタを書いてたんですけど、丸1年が経過したところだからかどうかは分かりませんが、最近も妙に変な予感みたいなのがあって変に落ち着かないので、気休めに↓こんなものを買ってみました。

携帯浄水器というものなんですが、このケチャップの空き容器みたいなのに水たまりや川の水を入れてチューっとすると、キャップ部分のフィルターで濾過されて飲み水になるというものなんだそうで、よし、これで一安心w

て、そこで安易に安心してしまうのが、日頃の雑多な不幸の原因の様な気がしないでもありません(笑)