タグ別アーカイブ: ピアノ修理

忙しいときに限って忙しい(笑)

昨日の夕方頃、「ヘルプ・ミー」とか書いてあるメールが来て、そのまま放っておこうと思ったんですけど(笑)、前の日に無駄な借りを作っていたので無視できず、これはきっと何かの謀略に違いないと思いながら某富山ピアノサービスに派遣されることになりました。

このあいだ、ひろみちゃんにドーナツを差し入れしてもらっていたく感動したので、この感動をあなたにも…ということで、途中ミスター・ドーナツへ寄って、これでつかみはOKやろと思いながら、よく考えたらここでつかむ必要はまったく無いことに気付いたんですけど、
人生なんてそんなもんです。

とりあえず、到着時点での様子↓

ぴ「弦・ピン・ハンマー交換・外装クリーニング・・・か。フムフム。」

某「うん。明日の朝、出荷なんね。」

ぴ「・・・。」

某「・・・。」

ぴ「…と、とりあえず、ドーナツ食べよ。」

某「…ちょうど巻き線も張り終わったしな。」

ぴ「…外装は?」

某「…ん?まだ。」

ぴ「・・・。」

某「・・・。」

ぴ「…とりあえず、ドーナツ食べよ。」

某「…ドーナツ食べよか。」

自分で差し入れて言うのもなんですが、このときほどドーナツって素敵だなと思ったことはありませんでした。

ひろみちゃん、ありがとう。

・・・

以下、めんどくさくなってきたので略(笑)
ていうか、

ヘルプ・ミー(笑)

ピアノクリーニング&サイレント取り付け

最近、ピアノをクリーニングしてサイレント(消音装置)を取り付けるという仕事が多いです。

クリーニング&サイレント取り付け

クリーニング&サイレント取り付け

もう、いい加減、ホームページを更新しなきゃと思っているところなのですが、クリーニングとかサイレント取り付けの写真をあまり撮ってなかったので、今となると少々悔やまれます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
感謝 <(__)>

バットスプリングコード(フレンジコード)交換

グランドピアノのハンマーは弦の下から弦をたたくのですが、アップライトピアノは地面に対して平行に動くので、打弦した後はグランドピアノの様にハンマーが重力で戻ることが出来ず、スプリングによってその力を補う構造になっています。

そのスプリングを支えているのがバット・スプリング・コード(フレンジ・コード)と呼ばれる部品なのですが、経年劣化によって破損している場合が多いので、それを交換します。

アップライトピアノのアクション

アップライトピアノのアクション

ハンマーレールを外します

ハンマーレールを外します

ハンマーを外します

ハンマーを外します

破損したバットスプリングコード(フレンジコード)

破損したバットスプリングコード(フレンジコード)

劣化したコードを取り除いて、新品のコードを張ります

劣化したコードを取り除いて、新品のコードを張ります

スプリングとスプリングコード

スプリングとスプリングコード

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ