タグ別アーカイブ: 縄文

ルソーと宣長と去年の雪

久しぶりに、もやもやネタを復活…というか、ブログを書くのもとっても久しぶりなんですが(笑)

ということで、この度あらためてこのカテゴリーの名称も「もやもや」ということにしました。

ブログ全体を「もやもや日記」にしようかとも思ったんですけど、それはまたの機会に(笑)

基本的に独り語りのこのブログの中でも更に偏ったつぶやきのコーナーがこの「もやもや」カテなわけですが、ここに来てほぼ完全にアレです。社会から分断された聖域というか(笑)

さて、ではボチボチ。

続きを読む

(メモ 飛騨人DNA関連)

以前、飛騨と縄文人と蝦夷というのを書いていたんですが(日付を見ると、ちょうど去年の今日!)、たまたま最近のニュースで「飛騨人「父系は弥生人」 筑波大名誉教授DNA解析報告」というのがあったので、覚え書きのメモです。

続きを読む

「サイバー空間防衛隊」か…

あいかわらず、ネタが無いので(笑)

今日のニュースに、防衛省、サイバー専門部隊にハッカー 採用を検討 というのがあったんですが、つい先日、たまたま「サイバー攻撃セキュリティレポート」という本を読んでいて、国単位で見てみると日本は本当に危機意識が脆弱なんだなという様なことを感じていたので、何となく印象が強いニュースでした。

そもそも、ボクもこういうジャンルはまったく疎くて危機意識なども皆無に等しいわけですが、じゃあなぜこんな本を読んだかというと、中世〜近世〜近代のイデオロギーの浸透の仕方とネット社会のそれが構造的に良く似ている(あるいは、比較しやすい)と感じて、リアルタイムで可視化出来る様な気がしたのでということなんですけど、いいタイミングでこんなニュースがあったので、安倍人事なども含めてちょっと俯瞰気味に眺めていられる様な気がします。

今、ちょうど、加藤典洋の「日本人の自画像」という本を読んでいて、本に書いてあることと自分の考えていることとがごちゃごちゃになってなかなか読み進められないのですがとても面白く、また、この本について紹介している松岡正剛の千夜千冊もなかなかの名文なので覚え書きに記しておきますが、仕事の方も溜まってきていてなかなかじっくりとモヤモヤしていられないのが残念です(笑)