ピアノ屋だけどこれ欲しい。ローランド × カリモク のデジタルピアノ Rolamd きよら KF-10

電子ピアノには常々かなり否定的で、普段はけっしておすすめとかしない当工房なのですが(笑)、これは!というのがとうとう登場してしまいました。口コミとかでもこれは評判良いんじゃないでしょうか。

家具メーカー“カリモク”と電子楽器メーカー“ローランド”がコラボレーション家具仕上げのデジタルピアノ登場~日本の職人によって作られたこだわりの質感。天然木を活かした新しいデザイン~

これ、正直、欲しいです。

カリモクといえば、ピアノ工房をやる前のカフェ立ち上げの頃はちょうどD&DEPARTMENTさんで「カリモク60」がプロデュースされたばかりの頃でした。

今でこそ全国展開されるメジャーなお店として、身近なところでは昨年にはとうとう富山でも、新しくなったばかりの県民会館内という好立地で富山店をオープンされたりもしたので、自分的には「おぉー!」となりましたが、当時は世田谷のお店まで買いに行った懐かしい思い出があります。

お店で使っていたカリモクはその後自宅の教室や自分の部屋で使っていたりしたのですが、とっくに使命を果たしても良さそうな年数が経っているにも関わらず、また、現在更に過酷な条件にあるにもかかわらず、少しもくたびれたところがありません。

現在は屋根下のポーチ(屋外)に置いてあってそこをリビングの様に使っていますが(笑)、昨日の様な吹雪の日にはイス自体も真っ白になります。

IMG_3790

また、あすかやかいたちもこのイスが好きでよくお昼寝をしているのですが、あすかを筆頭に激しいベッドメイキング攻撃にも唯一へこたれないタフさも併せ持っています。(他のソファーやイスたちは、布張り・革張り・合皮張りなど張り地の材質の如何を問わずことごとく駆逐されています(笑))

IMG_3442

このカリモクの有り難さはいつかブログで紹介したいと思っていたのでちょうど良い機会になったんですけど、冒頭のリンク先のローランドのニュースリリースのページを読んでいると、このカリモクの質の良さはそのままこの電子ピアノにも生かされている様子です。

img01

生のピアノでもそうなんですがボディーに無垢の木材というのはほとんど使われていなくて、電子ピアノなどはとくに、MDF(おがくずの様な木材の細かい破片を接着剤で固めたもの)などの材質の上に壁紙の様な木目模様の塩化ビニールでそれ風に仕上げてあるものがほとんどなんですが、上の画像はさすがしっかりした家具屋さんという行程の写真です。

ハンチョリーナ田畑さんとかが普通にそのへんに働いてそうな雰囲気ですね(笑)
※【ツルモク独身寮】:”「ツルモク家具」のモデルとなった会社は、かつて作者が勤務していた「カリモク家具」である。”(→Wiki

そして、このイス。

01

ピアノのイスとインシュレーターには前々からひとことモノ申したいと思っていたのですが、イスって、機能的にもビジュアル的にもほんと大事だと思うんです。さっすがカリモク。わかってます。

このデジタルピアノは2015年のグッドデザイン賞を受賞したそうですが、その際のコメント↓

「インテリアの中で浮きがちな電子ピアノだが、時代とともに変わるインテリアデザインのテイストに合わせる手法として、家具メーカーとのコラボレーションはうまい方法だ。電子ピアノの持つ重たさが消えていて、自然な存在感となっている。」

というのも、まさにボクがピアノをリメイクするときに考慮する最大の項目に重なるんですが、

img09

↑この画像と↓この画像なんて、まさに伝えたいことは同じです。

si

ふつうのヤツをそんなところに置けるもんなら置いてみ?という挑発も含みます。
知らんけど(笑)

あと、この質実なシンプルさに加えて、Bluetooth®機能や電子譜面などデジタルピアノならではの楽しみも・・・というのがまたツボですね。
必要な機能は後からアプリやデータをダウンロードして、スマホやタブレットなどの無線接続を通じて利用することができます。

かといって、基本となる鍵盤や音源、ペダルなど、ハードとしての重要な部分は最上位モデルそのままで、ピアノ上級者にも満足の仕上がりとのこと。
最初からカタログデータ的にフルスペックな付加機能てんこもりもりの路線とは明らかに一線を画すこのスマートさは、本当に買おうか悩みます(笑)

電子ピアノに限らず家電製品一般として、メーカーのサポート期間はたいてい10年あれば長い方という環境は変わらないと思うので、さすがに生ピアノの様に一生モノとか子や孫の世代まで・・・というわけにはいきませんが、中古ピアノを買って子供が飽きたらまた売って…という昨今の事情を考えれば、ピアノに向かう動機付けや満足感としては、こんな電子ピアノが欲しかったというレベルの完成度の高い製品ではないかと思います。

こういう電子ピアノだったらメーカーサポートが切れてからも使いたいと思うだろうし、「何とかして直します。」といってうちの工房で取り扱うのも悪くないな思います。こういうところがモノ作りの要なんじゃないかと思います。

価格の設定はオープン価格の様ですが、実売価格は今のところ35万円前後というところの様です。楽天市場「ローランド kf-10」の検索結果

これ、ほんと、悩む(笑)

狗子仏性の「無」の意味

有名な禅の公案のひとつに「狗子仏性」(くし(す?)ぶっしょう)というのがあるということを最近知りました。

「犬にも仏性はあるか?」という意味合いの問いに対して、エラい坊さんが「無い」と答えた、という、ストーリーとしてはとてもシンプルなこの問答がなぜ代表的な公案として残っているのでしょうか。しかも答えは「無い」です。

興味があったのでいろいろ調べてみたのですが、それこそエラい坊さんから学者さんから普通の一般人まで、いろいろな方が考察してそれぞれの答えを出しているのですが、それぞれの回答が腑に落ちない、というか、明白な回答が無いことが腑に落ちなくて、自分的にはどうもすっきりとしないままなので、自分なりに書いておこうと思って久しぶりのブログ更新です(笑)


まず、この公案の大前提となっていることとして、「一切衆生 悉有仏性」(いっさいしゅじょう しつうぶっしょう)ということがあります。
これは、「命あるものはすべて、仏の性質・本性をもっている。」ということです。
これは、(本当の意味での)道徳はホメオスタシスであるというボクの”辺縁系理論”(笑)から見ても、大いに頷けるところです。

ではなぜ、このエラい坊さんは「無い」と答えたのか。

これは、この坊さんが”エラい”ということと、後々まで語り継がれる様な公案として重要な意味を孕んでいること自体にヒントがあると思います。
しかし、これがハードルにもなっていて、論理的に解を得ようとする人ほど「無」になんとか意味を持たせようと四苦八苦している様子が見て取れます。
それこそが「不立文字」であって、文字に意味を持たせようとすること自体がアレです。

じゃあ、お前はどうなんよ?という話なんですが、ここは、そう、毎日けんたちと寝起きしているボクの強みなんですけど(笑)、けんたちを見てれば分かります。

即ち、前にもどこかで書いた様な憶えがありますが、自然の中に暮らしている”未開の”部族の言葉には「自然」という単語が無いのと同じ理由が当てはまります。
 
つまり、犬には仏性という概念そのものが不要なので、当然「無い」のです。


まぁ、そういう意味なのかそうでないのかは知りませんけど(笑)。
ていうか、それこそ公案に答えなんて「無い」のだと思います。
毎日けんたちと暮らしながら、自分の今までの思考をまとめるとそういうところに落ち着いて、これがまた妙に自分で納得するところなので書いておこうと思いました。
教典やエラい坊さんにではなく犬に教えてもらうことを「教外別伝」と言うのだそうです。知らんけど(笑)。

ちなみに、犬にもそれぞれ性質があります。

けんは「神様」。どんなときも自分の基準で判断・行動しますが、それがまたなんとも公正な基準です。威厳があります。ブレません。日本犬は飼い主には忠誠を尽くすとか言われますが、何回噛まれたことか(笑)。いずれもボクに非があるときです。「DOG」をひっくり返すと「GOD」になるのはけんのおかげだと思います(笑)。

あすかは「仏様」。大悲の塊です。自分のために怒ったことは一度もありません。メンバーの中の誰かに問題があるうちは寝ません。食べることが三度の飯よりも好きなのに(笑)大好物でも誰かが欲しがればすぐに譲ります。

かいとはなは「天使」。邪気が無く天真爛漫。

ちょうど先日、T先生とそんな例え話をしていたところでした。

こういうところを毎日目の当たりにすることが出来る幸せというのは、何物にも代え難いと思いながら暮らしています。

禅の四聖句の中に「直指人心」「見性成仏」というのがあるそうですが、上の話と絡んで、けんたちを見ながらいつも”思い浮かべながら忘れていたい”言葉です。

言葉の中に自分の名前「直人」と「けん」が入っているのもお気に入りです(笑)

k_n

青いピアノ

先日仕上がったピアノなんですが、打ち合わせの段階でお客様に完成イメージの参考として、どこか海外で撮影された写真のよく晴れた透き通った空の青色というテーマを頂いて、久しぶりに手応えのある(笑)お題だったので、また妙なところに力が入って結局仕上がりがずいぶんと遅くなるといういつものパターンに陥ったんですけど、おかげさまで楽しく仕事をさせていただきました。

IMG_3338

海外旅行をする際等、普段見慣れた空の色とは明らかに違う青がそこにはあるわけで、そんなことが旅の醍醐味だったり後々まで残る強烈な印象だったりするわけですが、そんなふうに自分の感覚に置き換えると、こういう依頼のされ方は自分としてはまさにツボなんですけど、その分一気にハードルは高くなります(笑)

塗料屋さんに相談してもなかなか伝わらなかったりして結局調色も塗料屋さんから原色単位で仕入れたり、塗り方もいつもとは違った方法を試したりで、塗り始めるまでにえらく時間がかかってしまいましたが、なんとか自分の中でイメージしたことは出来たかなという感じです。

青はなかなか塗る機会のない色なんですが、青の深みにどっぷりとハマってしまいました。楽しい色です。

塗り終わってマスクをはずしたときの顔が、重病人か安物のホラー映画のゾンビみたいになってるのも楽しいです(笑)